2009/09/10

『ハプスブルグ家』の研究をして①

私は、ヨーロッパの歴史を様々に学び、歴史的イベントの地を訪れてきたが、歴史を一本の線として把握することが出来ないでいた。しかし、2008年の9月15日を境にして、即ちリーマン・ブラザーズの倒産を境にして、ヨーロッパの王朝と財閥研究を始めたことで、その軸というか、串というか、線として捉える術を持つことが出来た。

しかし、同時に私は改めて学ぶ程に、かなり曖昧な欧米の歴史の学習をしてきたように思え、反省することしきりであった。やはり、点としていろいろな事件を学んでいても、その因果的関係をしっかりと押さえていないことが多くなってしまう。

恥ずかしい限りであるが、例えばハプスブルグ王朝は、元々ウィーン(オーストリア)の領土を基盤として成長したと思っていた。しかし、元々はスイスの弱小国であり、1273年にハプスブルグ家の王ルドルフ一世が、七人の選帝侯によって神聖ローマ帝国の皇帝に選ばれるまでは、当時のヨーロッパの中では小国でしかなかったのだ。当時のウィーンは“アジアの一歩”と呼ばれる城塞に過ぎず、大変な田舎であったのである。

と同時に、ハプスブルグ家の夏の宮殿シェーンブルン宮殿を見、マリア・テレージャの活躍を学ぶと、ハプスブルグ家の歴史への登場の頃の話までが、勝手に脚色されてしまっていたのである。まさに大財閥と思っていたが、必ずしも多くの時間そうではなかったのである。

また、神聖ローマ帝国(殆んどドイツ領に近い)と古代ローマ帝国、そして今のイタリアの首都ローマとの関係にしても、かなり曖昧のままに漠然としか認識していなかった。

しかし…… (つづく)
関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
歴史 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございます。
ぜひお話させていただきたいですね。
機会がございましたら、ぜひ講演会へご参加ください。
トラックバックをいただいて
井上登のブログにトラックバックしていただきありがとうございます。私は65歳で飛岡さんと同世代。飛岡さん!『全てのものがより豊かに』を読んで共感でき嬉しい気持ですね。今まであらゆる興味に関し、いかに漠然と知ったかぶりしてきたかと思うと愕然とし、人生の第四コーナーの直線コースに入り、今まで点の知識だったものを線にする、あるいは3次元にすることにシフトしています。講演会もおありで機会があればお会いしたい気持になりました。

管理者のみに表示