FC2ブログ
2009/02/13

飛岡健 ~神・人間・金~

ルネッサンス 

飛岡健 ~神・人間・金~
 
(2)ニーチェは「神は死んだ!」と語りましたが!(2)  
 
今度は人間側が自由になり過ぎ、神をすら見えなくなり、哲学者ニーチェは「神は死んだ、そして人間が神に成った」という言葉を吐きました。まさにその神を信じない無神論者としての共産主義が登場したのでした。勿論共産主義も本来は人間の幸せを根本から考えて生まれたと言えましょう。しかし人間そのものの本質的に持つ愚かさと言うか、特権意識というか、そうしたものが共産主義の純粋性を犯し、変える形になり、1989年に東西のベルリンの壁が壊れ、1991年にはソビエト連邦が崩壊してしまったのです。
 
そこで自由市場原理を採用した資本主義体制側の人は「我が陣営の勝利、我々の正しさが証明された」と誇りました。そして十年位はそのまま時が立ったのですが、1995年位から状況が変わってきました。
 

 

     2014-01-14_215955.jpg
スポンサーサイト



未来予測 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »