FC2ブログ
2009/03/04

飛岡健~日本映画「おくりびと」がアカデミー賞を! おめでとう!

自衛隊四川省 

 

 

飛岡健~日本映画「おくりびと」がアカデミー賞を! おめでとう!(Ⅱ)
 
さてこの映画を、未来予測研を専門とする人間としてどのようにとらえたらいいのでしょうか?
 
私は、四川省の地震の時、日本からの自衛隊が訪れ、死者を救出し、その一つひとつの遺体に敬礼をして送る姿を見て、中国人たちがその姿に深く打たれたとの報道がなされたのを思い出しました。死者を弔うという行為は、世界的に見ても日本人は世界一、二で、手厚いと誇れるのではないかと思います。死んでからも毎日のように神棚に手を合わせる人もいるし、先祖を敬う儀式やイベントは実に多いのです。
 
初七日
 ↓
四十七日
 ↓
一周忌
 ↓
三周忌
 ↓
毎年のお盆
 
これ以外にも、命日のお墓参りとか、色々の行事があります。さて、こうした日本人の葬儀に於いて表れる死者への尊敬と共に今回の受賞はひょっとして日本人自身への反面教師であったのではないかと思います。
 
     2014-01-14_215955.jpg
スポンサーサイト



未来予測 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |