FC2ブログ
2009/03/05

飛岡健~日本映画「おくりびと」がアカデミー賞を! おめでとう!

梅原猛 梅原猛氏

 

飛岡健~日本映画「おくりびと」がアカデミー賞を! おめでとう!(Ⅲ)

 
 
今日の日本人の心の奥深い所の変化は、中々判断し難いところですが、表面的には大変に祖先の扱い方が粗末になってきているように思います。死んだ時にはお通夜や告別式で涙を流しても、後は余り丁寧な対応をしなくなっているのではないでしょうか。そうした時に「おくりびと」がアカデミー賞を受賞することによって、少しだけ日本人が死者について、あるいは死について考えるようになるかも知れません。
 
哲学者の梅原猛氏は「死はすべての社会の原点である」と述べていますが、日本人は死につていて語るのがあまり得意ではないですね。しかしヨーロッパの豊かな人々にとっては死について論じるのは当たり前なのです。
 

 

     2014-01-14_215955.jpg
スポンサーサイト



未来予測 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |