FC2ブログ
2009/11/24

笑いの博物館 ②

(2) 笑いについての研究開始

そして私は、職業柄なのか、個人的性格なのかわかりませんが、何かを始めようとすると、すぐに研究するのがクセでした。その時も笑いの研究を開始しました。

デカンショ節の一人として知られるショーペンハウエルの『笑いについて』を読んだり、笑いの効用についての論文や本を漁って読みました。そして、「笑門招福」の如くに、笑う門に福来るの実践が始まったのです。

確かに笑いは体のストレスを除去し、免疫を高めると共に、ストレスそのものを溜めません。結果として癌にもなり難いし、病気そのものにもなりにくいようです。「笑いは百薬の長」とも言いますし、笑って過ごすことによって癌が消えてしまったという話も聞こえました。



飛岡 健 主宰  「WSF東京スペシャルセミナー」開催のご案内
■日時   2009年12月7日(月)18:00 ~21:00
■場所   有楽町 電気ビル 北館20階 日本外国特派員協会
■参加料  初回限定10500円 通常21000円
     
■テーマⅠ  飛岡 健
          2009年の総括と日本の新しい可能性の模索

■テーマⅡ  飛岡 健
これからのビジネスにとって何が最も重要な経営課題か

■テーマⅢ  当研究所研究員による タウンウォッチング新・珍・奇
     

■参加申込  infoアットマクークgenjinken.co.jp(アットマークを@に変えて送信してください)折り返し参加申込書をお送り致します。






     2014-01-14_215955.jpg
スポンサーサイト



雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |