FC2ブログ
2010/11/02

第一楽章 私の音楽原論  アレグロ

  (1-5)音楽とは秩序を与えられた空気の振動の連続体である
       ―ところ変われば、品変わる―


 人間が「言の葉」を操る動物であることによって、音楽を創造し、発展させてきたことを記しましたが、そもそも音楽とは、どのような人類の知的産物なのでしょうか。次にそれを一緒に考えてみましょう。

 音楽はまさに字の如く、「音の楽しみ・楽しさ」であり、「音によって楽になる・楽にさせる」人間の行為です。それでは「音」とは何か。それは既に述べましたように、何らかの物質の動きによって発生した媒体(空気)の振動を、人間の耳の鼓膜がセンサーとして受け止め、それを聴覚神経が神経電流の流れとし、大脳の聴覚野を刺激し、そこでの記憶と比較して認知されるものを、「音」と呼んでいる訳です。その音にも動詞が沢山ある如く沢山のものがあり、その中から人間にとって好ましい響きのする音を拾い上げ、いろいろな音の組み合わせや並びを作っていったのです。そうした音の組み合わせとして更により纏まった秩序を与えたものが音階と呼ばれるのです。

 まず、簡単な音階(スケール)が、その最初の秩序として、出来上がっていったのでした。メソポタミアの四つの音(春・夏・秋・冬)による音階や、天空のハルモニアと呼ばれる、天体の軌道の比例関係からとられたといわれる「ピタゴラスの音階」、あるいは日本の、「陰旋法、陽旋法」のような音階です。その音階を構成する秩序づけられた音群を用いて、更にメロディ、ハーモニー、リズム等を形に閉じ込めたものが、〝曲〟と呼ばれることになります。

 作曲家という仕事は、まさに音階にされた音群を用いて、それらをメロディ、ハーモニー、リズムといった音楽の三要素を用いて、更に何かの音楽形式にそれらを閉じ込めることによって、曲を作っていく仕事なのです。あたかも俳句が五・七・五であり、短歌が五・七・五・七・七の形式の中に閉じ込められ、言葉の集合が、その生命を輝かす如くです。

 それらの曲は「音楽は時間の芸術」と語られるように、まさに時間の流れの中に広がり響いているのです。その響きは、その振動数と、波形と、その強度に秩序が与えられたものであり、人間にとって「心地の良い響き」とか「勇気をかき立てられる」とか、「悲しみを誘う」とか、いろいろの感情を誘起するのです。

 この点をより良く理解するには、人間そのものを良く知ることです。でも人間を深く、本質的に知ろうとすればする程、ゲーテのように宇宙論から、植物学、そして歯学までを含めた、広範な学問をしなければならなくなっていってしまうのです。とっても大変です。でも若い方々は挑戦して下さい。

 ところで人間の精神は、その人の生まれた環境、(時代、土地、歴史等)によって培かわれます。そうして生まれた人の精神は、逆に発露する時、何らかの形で生まれた環境の影響を受けたものとなるのです。まさに、先程の音階(スケール)そのものが、各地で異なるものとして造られた如くです。即ち音に与えられた秩序が地域環境によって異なるのです。

 逆に言えば、生まれた時代や、環境に影響される部分があるからこそ、多様な言葉が派生しうるのです。もち論、楽器の発達も、その楽器を生みだした民族の生活形態とその歴史に大きく依存するのです。

 しかし、今日の日本人は、生まれた時から、何となく欧米化された日本社会がその生活環境となってしまっているのです。まるで、〝世界の生活見本市〟の如くであり、日本の古来からある伝統文化が、どちらかと言えば隅っこに押しやられていて、「琴を習うならパリへ、ヴァイオリンを習うなら東京へ」などという言い方がされたりするのです。

 日本人が、日本の自然風土とその中の生活から生み出した、音への秩序というものが消えかかっているのです。それはある意味で、日本人の固有精神の放棄、あるいは崩壊と言えるのかも知れません。もう一度その点を真剣に考えねばならないのです。

 次回は、音の物理的性質に関して話しを述べていきましょう。
     2014-01-14_215955.jpg
スポンサーサイト



音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |