2012/12/12

12月の三つの提言

(1)“国難”の言葉の意味を一人ひとりが真剣に
ひょっとすると今日の世界情勢は世界恐慌を生じる可能性を否定出来ない。それは政治と経済の結びつきが大変に強い時代になっているので、政治の失敗が経済の混乱を招いてしまう可能性を強く帯びている事が一因である。何よりも中国問題が日本に重くのしかかってくるが、中国自体が弱って来たり、大きな問題を抱えてくると、その政治的対応がより厳しくなり、日本の政治、経済に強く影響することが予想される。そしてそれらが元になって世界へと波及していく事が連鎖的に生じる可能性を帯びている。ひょっとすると大変な困難に直面するかも知れない。その事をもう少し強く自覚せねばならない。その為に国難という言葉をより強く自分の中に落とし込み、それへの対応を考える事である。

(2)自立した個人、地域、国のイメージをしっかりと確立せよ
『維新八策』の中にこれから「自立した個人、地域、国」を作り上げていくとの表明がなされているが、実は私はスローガンは良いが、より具体的に「自立した」という意味をイメージ化する事が大切であると考えている。そのイメージあるいは意味が確定することによって、より『維新八策』の価値がわかっていただけるものと思う。12月4日発売の『橋下徹は坂本龍馬になれるか?』にはその内容ももう少し具体的に述べてある。

(3)経済学の犯罪 –ノーベル経済学賞の終焉-
今日多くの経済学があり、多くの大学に経済学部がある。しかし今日、経済学が真に経済の発展に役立っているのか、あるいは経済現象を正しく記述しているのかとの問が多く発せられ、中には今日の経済の混乱は経済学そのものが用意したものであり、経済学に罪があると考える反省しきりの経済学者もいる。ひょっとすると近々に最後のノーベル経済学賞という事態が生じるのかも知れない。実は私も早くから経済学の限界に触れてきた一人である。余りにも現実からかけ離れた理論と化し、その理論が悪さをするのである。以前に計量経済学の大家である京都大学の佐和隆光教授と論争した内容をWSF誌で報告したが、経済学の基盤そのものが壊れてしまっているのである。
     2014-01-14_215955.jpg
スポンサーサイト
政治 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |