2017/05/16

05/15のツイートまとめ

miraiyosokuken

断を下す強い意志を! 判断、決断、裁断、連弾 独断:何よりもテンポの速い時代の成功のポイントは「断を下す!」強い意志を持つことである。『未来予測研究会』https://t.co/XqpErHuqoi
05-15 23:48

飛岡健: 『人間が考えたあらゆるものごとを、全部知りたい』東京大学大学院工学系研究科博士課程を修了。株式会社現代人間科学研究所と株式会社未来と経営の研究所を設立、株式会社人間と科学の研究所の代表取締役でもあります。https://t.co/XqpErHuqoi
05-15 23:19

いかに充実した人生にするかの決定とプラン!: 私が教えられた事は、「日々明日への挑戦を続ける限り、ウルマンの『青春の詩』のように年齢がいっても心も身も若者でいられる」という事であった。『未来予測研究会』https://t.co/XqpErHuqoi
05-15 22:48

飛岡健:著作には、『哲学者たちは何を知りたかったの ? 凡人でもわかる、哲学のやさしい悩み方』『飛行機はなぜ飛ぶのか? 知ってるようで知らない空の話』などがあります。『未来予測研究会』: https://t.co/XqpErHuqoi
05-15 22:19

飛岡健:住民運動があるから、ロケットを打ち上げる為にはそれにもケリをつけなくてはいけないし、ロケットに人を乗せる為には宇宙医学も必要。https://t.co/Z6bdHyYpjw
05-15 21:48

「光陰矢の如し!」を強く実感して:出来ればそれらが残りの人生の中でキチンと位置付けられていれば良いが、往々にして、目先の忙しさにのまれてしまい、方向を失ってしまいがちである。しかし「それも人生!」という変な諦観がよぎる事が煩わしい。飛岡健先生の『未来予測研究会』
05-15 21:19

MAトラストの『未来予測研究会』:『こんなハイレベルな経営塾があったなんて』、『自分は、まだまだ勉強不足!』と驚きの声続出!脳細胞一つ一つがはじけてしまいそうなくらい興奮する究極の勉強会です。https://t.co/XqpErHuqoi
05-15 20:48

飛岡健『小さい頃の夢』:最終的には航空工学や宇宙工学をやることになったのです。でも最終的には「航空工学などの科学技術が人間の為にどういう風に役に立つのだろうか」という疑問を持ってしまいました。https://t.co/Z6bdHyYpjw
05-15 20:19

飛岡健 :日本の社会には、専門的なことをやる人はいくらでもいるけれど、本当にこの科学技術が人間の為に役に立つかどうかということを調べる専門家はいないだろうと思ったのです。https://t.co/Z6bdHyYpjw
05-15 18:48

飛岡健:東京生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程(航空工学)修了。東京大学航空宇宙研究所にてロケット・人工衛星の打ち上げ、研究に従事後、哲学、社会学、経済学、心理学、生物学を進め、現代人間科学研究所を設立。https://t.co/XqpErHuqoi
05-15 17:48

>>続きを読む
     2014-01-14_215955.jpg
スポンサーサイト
未来予測 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |