2009/08/25

改めて思う 言葉と文字の大切さ③ ―― 言葉と文字

文字の無い言葉は、少数民族等に今日でも未だ見られる。しかし、文字の無い言葉は伝唱のみであり、太安万侶が稗田阿礼の言葉を文字化した『古事記』の如く、言葉が文字化されることによってはじめて多くの人にそれを伝える事が出来る。それ故に文字は、人間のコミュニケーション活動を広める上で、この上なく大切であることは論を俟たない。

更に、文字を印刷することが出来るようになることによって、人間のコミュニケーションは、一段と進み、多くの人々が共通の考えを共有することが出来、それが社会基盤を更に高めることになっていったのである。


     

飛岡 健 主宰  「WSF東京スペシャルセミナー」開催のご案内
■日時   2009年9月7日(月)18:00 ~21:00
■場所   有楽町 電気ビル 北館20階 日本外国特派員協会
     
■テーマⅠ  スペシャルゲスト 四竃 正夫氏 
                    義道列伝 四~ 伍子胥、上に立つ者のプライド。そして、愛は死を越えて
■テーマⅡ  飛岡 健
           “新しいビジネス”の考え方 ピンチをチャンスへと切り替える為の発想と実践

■テーマⅢ  当研究所研究員による タウンウォッチング新・珍・奇
     
■参加申込  infoアットマクークgenjinken.co.jp(アットマークを@に変えて送信してください)折り返し参加申込書をお送り致します。



関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
歴史 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示