2009/09/09

鱧の宴② ―― 徳島県の名産“鱧料理”として売り出すには

しかし、私はあまりにも京都の鱧料理が有名になので、日本人の多くは、徳島にまで足を伸ばす人は少しは増えても、それ程今のままではなかなか増えないものと思う。
そこで私は、こうしたらどうだろうかの提案を三つ行った。

第一に “徳島の鱧の宴”というネーミングで売り出すこと。

第二は、何故徳島が鱧なのかについての物語を作ること。即ち、脳の栄養を与えられるようにすること。

第三に、徳島の方々に参加してもらい、鱧料理コンテストを行う。そこで、新しい鱧の食べ方、あるいは美味しい鱧の食べ方を指導してもらうこと。

加えて私は、日本中に広める為に、通信販売を行うと共に、むしろ日本の名物料理として中国や世界に提供するのも一案だろうとの話をさせていただいた。これを実行していけば“徳島の鱧の宴”は世界ブランドに展開していくだろう。その時はアイデア料理を!!
関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
地方 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示