2009/11/16

日常生活文化を再び豊かな日本へ!②

(2) 生活文化と芸術文化

それでは、生活文化とはいかなる定義が与えられるのでしょうか。生活文化の対極にあるのは“芸術文化”です。歴史的に見るならば、生活文化が芸術文化に昇華させられ、芸術文化がフィードバックして生活文化を再び洗練していくといった大きなダイナミズムが見られますが、ケースバイケースでその強さは変わるのです。

それでは芸術文化とは、いかなる文化なのでしょうか。難しく考えることはありません。西洋美術館での印象派絵画展や、サントリーホールやオーチャードホールでのベートーベンの演奏会、あるいは有名な陶芸作家の作品展といった場で展示されたり、演奏されたりするレベルのものを芸術文化と呼んでいます。

それに対し生活文化とは、私達の日々の生活そのものの文化です。例えば、食事の例をとれば、テーブル、食器、料理更には食事のマナー、あるいは食堂そのものや調理器具です。更には、食事の際に交わされる会話までも食文化と捉えることが出来ます。

あるいは化粧道具や化粧品、あるいは化粧の仕方も又その文化の一つでしょう。何気ない櫛や鏡の持つ装飾の中にも高い芸術性が潜んでいる。それが日本なのです。その日本の生活文化の一部を示したのが図なのです。


図 生活文化の充実した日本

図 生活文化の充実した日本


飛岡 健 主宰  「WSF東京スペシャルセミナー」開催のご案内
■日時   2009年12月7日(月)18:00 ~21:00
■場所   有楽町 電気ビル 北館20階 日本外国特派員協会
     
■テーマⅠ  飛岡 健
          2009年の総括と日本の新しい可能性の模索

■テーマⅡ  飛岡 健
これからのビジネスにとって何が最も重要な経営課題か


■テーマⅢ  当研究所研究員による タウンウォッチング新・珍・奇
     
■参加申込  infoアットマクークgenjinken.co.jp(アットマークを@に変えて送信してください)折り返し参加申込書をお送り致します。




関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
和道 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示