FC2ブログ
2009/11/18

日常生活文化を再び豊かな日本へ!④

(3) 今一度生活の楽しさに目を向けよう!

私たち人間は、どうしても未来のどこかに豊かさが、楽しさが、あるいは欲しいものがあると考えてしまいがちですが、人生の達人は、その一瞬一瞬を楽しく充実に過ごす名人なのです。食べる時に、その食材も、料理も、器も、作ってくれた人の想いを感じ、苦労を知ろうとして食事をすると、感動、感謝、感激が生まれます。そうした日々の生活の中での“ひと時の楽しさの連続”こそが大切なのです。

一人ひとりの日本人が、そうした生活の一コマにもっと目を向けることによって、今以上に日本人の目は肥え、本当に良いモノを選び、それが結局作り手の努力を生み、良い作品が生まれ、その良い作品が再び私たちをより楽しませてくれるのです。

確かに、企業で働いたり、企業を興してお金儲けをすることも、人類の活動にとって大切な事です。でも、働く事のみが人生ではありません。もう一方で頭を働かせ、汗を流して、日々の生活の楽しさを演出する事も人生なのです。

その意味で、もう一度日本の皆さんが、いかに身分の生活を楽しく豊かにしていくかを考えてみることが大切でしょう。今そうした時に来ているのです。


飛岡 健 主宰  「WSF東京スペシャルセミナー」開催のご案内
■日時   2009年12月7日(月)18:00 ~21:00
■場所   有楽町 電気ビル 北館20階 日本外国特派員協会
■参加料  初回限定10500円 通常21000円
     
■テーマⅠ  飛岡 健
          2009年の総括と日本の新しい可能性の模索

■テーマⅡ  飛岡 健
これからのビジネスにとって何が最も重要な経営課題か

■テーマⅢ  当研究所研究員による タウンウォッチング新・珍・奇
     

■参加申込  infoアットマクークgenjinken.co.jp(アットマークを@に変えて送信してください)折り返し参加申込書をお送り致します。





関連記事
スポンサーサイト



     2014-01-14_215955.jpg
和道 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示