2009/11/19

笑いの博物館 ①

(1) 私は40歳位迄笑わん殿下だった

私は40歳位迄、殆ど笑うことが無かったのです。何故かと言えば、「この世の中に困った人が沢山居るのに、なんで楽しそうに笑っていられるのだろうか ――。」と常に思っていたからです。

世界中に、その日の食べ物も食べられないで、栄養不足で死んでいく子供が、何万といる今の世界に笑っていられない気分でした。その結果、笑わん殿下であり、いつも厳しい顔をしていたようです。

しかし、ある時フト考えました。確かに、世界に沢山の厳しい生活を強いられている人が居ることは事実だが、私は私が笑わないで厳しい顔をしていることによって、自分の周りの人達を不愉快にしているのだと! そして、世界の厳しい人々に対して大変に尽力されている方が、いつもニコニコしているのを見て、私もその頃から笑うように心がけ始めました。



飛岡 健 主宰  「WSF東京スペシャルセミナー」開催のご案内
■日時   2009年12月7日(月)18:00 ~21:00
■場所   有楽町 電気ビル 北館20階 日本外国特派員協会
■参加料  初回限定10500円 通常21000円
     
■テーマⅠ  飛岡 健
          2009年の総括と日本の新しい可能性の模索

■テーマⅡ  飛岡 健
これからのビジネスにとって何が最も重要な経営課題か

■テーマⅢ  当研究所研究員による タウンウォッチング新・珍・奇
     

■参加申込  infoアットマクークgenjinken.co.jp(アットマークを@に変えて送信してください)折り返し参加申込書をお送り致します。






関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
雑記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示