2010/08/06

ヨーロッパ史を理解する一つの方法 (

名家、財閥を通して流れを読む

私は、ヨーロッパの歴史と言うより世界史そのものに興味があり、沢山の歴史書を読むと同時に世界各地の史跡等を訪れました。しかし、各々が部分的でなかなか一つの流れとして理解することが出来にくかったのですが、ひょんな契機から、全体像を体系的に理解する方法を見出しました。

 それは、時間の流れを緯糸とすれば、その時代の空間への広がりを経糸として、あたかも二つの糸の絡み合った西陣織の着物の如くに全体像を理解出来るようになったのです。それはヨーロッパ、アメリカの財閥、名家の代表を取上げその流れとして理解する方法です。
関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
歴史 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示