2010/08/09

ヨーロッパ史を理解する一つの方法  (2)

 名家、財閥を通して流れを読む
    
    1200年代  :ハプスブルグ家   (神聖ローマ帝国)
    1400年代  :メディチ家     (イタリア フィレンチェ)
    1700年代  :ロスチャイルド家  (ドイツ フランクフルト)
    1800年代  :ロックフェラー家  (アメリカ ペンシルバニア)

 1200年代に神聖ローマ帝国の皇帝を選ぶ7人の選帝侯は、自分達の意のままに動く人物を皇帝に据えるように人選をしてきましたが、1200年代に入り、スイスチューリッヒの小国であったハプスブルグの主を皇帝に選んだのです。しかし新しいハプスブルグ家からの皇帝は、7人の選挙侯の意に沿うふりをしながらも「君主豹変す」の如くに力を発揮して、ハプスブルグ家の権力を強め、オーストリアの田舎街であったウィーンの居城でヨーロッパ全体に睨みを効かせるようになり、第一次世界大戦(1804年)頃まで、ヨーロッパ全体にその権勢を拡大しました。

 1400年代のイタリアフレンチェの名家となったメディチ家は初代トスカーナ大公になったコジモ・ディ・メディチの卓越した才覚で、当時のヨーロッパの交易の一つの中心地であったフィレンチェで“花のコイン”を流通させ、実質的に当時のヨーロッパの基軸通貨の如き立場を獲得し、あたかも今日の中央銀行のような役割を治め、大変なお金を稼ぎ、絶大な権勢を獲得し、歴史にその名を残すようになりました。

 1700年代にドイツ フランクフルトで誕生した、ロスチャイルド家はユダヤの名門ですが、今日でもその存在は強く、この地球上に残っています。初代のマイヤー・アムシャルバウアーは5人の男の子を授かり、その子供達に最高の教育を与え、当時のヨーロッパの五大都市に銀行を成立し、そこで力を発揮させます。イギリスのロンドン、フランスのパリ、当時ヨーロッパ第三の都市イタリアナポリ、そしてハプスブルク家が権勢を振るうオーストリーのウィーン、残りは誕生地であるドイツ フランクフルト、現在はバンクフルトと称される街でした。
 このロスチャイルド家は、ナポレオン、ヒットラー、イギリスの皇室、ショパン、ウェーバー、シュトラウスを始めとする多くの音楽家や、スイスのウィリアムテルの話とも深い関係を持っていたのです。

 また、今日最大の財団のロックフェラー家は、1800年代ペンシルバニアで石油が発掘されたのを契機に、石油事業を行いスタンダード石油を展開し、石油王となり、そこからアメリカのみでなく世界の交易、金融の世界を支配するまでになりました。

関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
歴史 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示