FC2ブログ
2010/08/18

序曲  アンダンテ・カンタービレ

音楽をもっと愛し、感動し、感動させるには



 もっと音楽を楽しみたい!もっと音楽の演奏を上手にしたい!もっと音楽に入り込みたい!のように、音楽との関わりをもっと深めたい人が、沢山おられることと思います。私もその一人です。その為にはどうしたら良いのでしょうか。きっと様々に考え悩んでおられることでしょう。その方々と共に、私は、その答えをここで、一緒に考えたいと思ってます。しかし、実は、私自身にとっては、その答えは出ているのです。一言で言えば、「音楽をもっともっと愛すること」なのです。

 では、どうやって音楽をもっと、もっと、もっと愛したら良いのでしょうか。その方法は、いろいろありますし、人によってその方法は違ってくることでしょう。私は何よりも、人間として、人間自身が築き上げたものを、深く愛するような心を持つことだと思います。さらに、音楽を愛する為には、音楽家を愛し、その音楽家の作った音楽を、人間の産み出したものの最高傑作の一つであると思うことだと思います。ではさらに、その音楽への思いを高める為にはどうしたら良いのでしょうか。

 これもまた、いろいろありますが、私のやり方は、まず自分の音楽を聞く為の感性を鋭く磨く事と、理性を深めるべく一人の人間としての音楽家と、それに関しての知識を増やすことです。そしてこの点が大切なのですが、知識のつながりを持たせるように努力する事であり、出来る限り、その音楽の出来た背景を知ることです。良く、その人の苦労して築いてきた人生を知って作品をみたり、歌を聴いたりすると、感激の度合いが強まり、思わず涙腺が緩むということを経験されていることと思います。どんな人間にも悲喜こもごもの物語があり、良く知ると、感動的なことが多いのです。NHKで、「プロジェクトX」という、様々な開発物語を感動的に映像にした番組がありますが、それを知って開発されたものを見ると、一味も二味もその感動が違ってくるのです。

 それと同様に、一人の人間としてのショパンの人生を良く知って、ショパンの曲を聴くと、その感動は一味も二味も違います。彼が、結核にかかっているにもかかわらず、祖国で斗っている同胞のことを思い、金銭的支援をするべく、「ゴホン、ゴホン」と血を吐きながら演奏旅行を行っている姿、作曲している姿を思い浮かべると、ショパンの曲は一味も二味も違って、私にリアルに迫ってくるのです。ショパンを一人の人間として捉えることによって、よりショパンの音楽が自分にとって身近なるものとなるのです。

 私は、その為にショパンのポーランドの生家を訪れたり、アーモンドの花で溢れるマジョルカ島へも行き、そこでどのような心境で、『雨だれ』(前奏曲)を作曲したのか、その頃のスポンサーであり、愛人関係であったジョルジュ・サンドとの関係はどうだったのか等々、出来る限りショパンの生活環境に自分で触れてみたいと思い、実践したのです。勿論、私はプロの音楽家ではありませんので、ここで述べることは、一人の音楽好きの「音楽談義」に過ぎません。従って、真に検証に耐える時代考証をしているかと言われると、完璧ではないと思います。

 ただ、私は元々自然科学の勉強をしてきた人間なので、「科学的説明」の部分に関しては、自信があります。その部分は端から信用して読んでいただいてかまいません。
関連記事
スポンサーサイト



     2014-01-14_215955.jpg
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示