2010/09/29

日本は30年掛けて、真の日本のリーダーの育成を!

 (1)世界のリーダー=日本のリーダー

 日本を本当に世界の中でしっかりと導いていけるリーダーは一体どんな資質を持っていれば良いのでしょうか。少なくともGDP第三位の(今までは1968年から2位だった)経済大国のトップである為には、世界から信頼されるリーダーであることがその条件であらねばならないのです。この点の認識が日本人には余りにも弱いのではないでしょうか。

 世界のリーダーとして、世界を動かせる力を備えていくその中での大国としての地位を守ることが出来るのです。

 世界から情報が入ってくるトップであることが不可欠です。その為には今から全国の中学生1万人位を選んで、勉強させ、世界を回らせ、その中から真に優れた人物を絞り込み、日本のリーダーにするようなシステムが不可欠なのです。

 “日本のリーダー育成システム”を作り出すことこそ、今強く求められていることであり、その成果は30年後になるのです。そのくらいのタイムスパンで人材育成を考えない限り真のリーダーを育てることは出来ないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
国際社会 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示