FC2ブログ
2010/10/05

尖閣列島問題に思う ―全ては自分で自分を守る意志―

(2)何よりも独自の力で守る為の議論を強める時

 極端な人は、今の日本の弱腰に対して“核武装”すべきであるとか、憲法改正をして自衛隊を軍隊として正式に認め、海外へも自由に出られるべきであるといった議論が登場しますが、それも選択肢として視界に入れとかねばなりません。

 その前に国防方法があるのかを議論していくことが大切ではないでしょうか?

 例えば、日本将来の選択肢として、次の三つがあると思います。
(1) 現状の維持
           ・独自の軍事力の保有(核を含む)
           ・アメリカとの関係の更なる強化
           ・中国、アジアとのユニオン化
           ・etc.

(2) 日本の範鎖国論
(3) アメリカの51番目の州

 この一つひとつについては、ここでは詳しく述べませんが、いずれにしても“明日の日本の国の形”についての国民的合意が必要でしょう。

 例えば、アメリカの51番目の州に成れば、日本独自の軍事力は無くなり、アメリカの軍事力の一環として、日本の自衛隊が組み込まれていくことになります。加えて三億一千万人に一億三千万人が加わるので、四億四千万人の内、約一億三千万人なので、約29%を占め、国政にも大きな影響力を与えることになるし、大統領も日本人から大統領が選出出来るかも知れません。

 いずれにしても“日本の明日の国の形”を明らかにして、日本の国土や国民の保全、安全策をより強化する時に来ているのです。
 
 さもなければ、日本の国土は中国やロシア、韓国といった周辺国に徐々に奪われていくことになるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



     2014-01-14_215955.jpg
政治 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示