2009/02/26

飛岡健~“未来の芸術”や“芸術の未来”はどのようにして登場してくるのでしょうか?

ラスコーの壁画 

 

飛岡健~“未来の芸術”や“芸術の未来”はどのようにして登場してくるのでしょうか?
 
 
(1) 芸術の未来を考える前に過去の芸術の歴史を!
 
例えば、絵画の歴史を辿ってみましょう。スペインのアルタミラの洞窟で見つかった動物の写生絵が世界の最古の絵画と習いましたが、その後どのように発展したかを考える一つの方法として、図1の如くに1枚の絵の中の表現要素を考えてみることです。
 
明らかにアルタミラの洞窟の中では、当時の人々の目に映った動物の実写絵でした。しかし今日のヨーロッパや日本の封建時代の絵画を見てみると「宗教絵」「宮廷の生活」「想像画」の類が圧倒的に多いですね。
 
しかし中世ルネッサンス以降になるともっと漁村や農村、あるいは普通の家庭の生活の器具が画題として用いられるようになります。
 
    図1表題入り  
関連記事
スポンサーサイト
     2014-01-14_215955.jpg
未来予測 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示